逆子、安産灸

逆子改善

逆子でお困りの方、安産で赤ちゃんを産みたい方へ

妊娠28週から35週で
逆子と診断される事があります。
できれば帝王切開でなく
自然分娩の方が良いですよね。

妊娠

ほっておいても
改善される例は多くありますが
逆子と分かったらできるだけ早目に
逆子のお灸を受けに来てみて下さい。

お灸をすると
子宮の血流が良くなり
胎動が増加し
逆子が治る確率が高くなります。

さらに
妊娠中にお灸をするとで
安産になりやすい、
赤ちゃんの胎教に良いなど
お母さんにも赤ちゃんにも
とても良い影響があります。

このページでは
当院へ逆子で来院された場合
当院ではどのような治療をするか
書きました。

どうぞ参考にして下さい。

こんな症状でお困りではありませんか?

・逆子と診断された
・帝王切開の日程が決まっているが
できれば自然に産みたい
・逆子体操をしているが
なかなか治らない。

この様な症状でお困りの患者様が
多く来院されます。

逆子で来院される患者様の多くは
お母さんによく見られる付随症状として

・おしっこが近い
・足が冷える
・お腹の張り
・胃の気持ち悪さ
・むくみ
・肩こり
・腰痛
・冷え性、
・便秘
・夜寝られない

などの症状がよくみられます。

病気というわけではありませんが
昔から肩こり、腰痛、冷え性、
生理痛などがあり
妊娠中も、逆子以外に
色々な症状を持っている方が多くみえます。

これら状態が改善していき
お母さんの体の状態が良くなると
子宮の状態も良くなり
逆子も治ると考えています。

安産きゅう

また、逆子治療を終えた方が
そのまま
安産灸として
続けられる方が多く
出産時のお話を後でお聞きすると
安産だったと言って頂けます。

また
はっきりした証拠はありませんが
生まれた赤ちゃんが
手のかからない子であることが
多々あります。

これもお腹にいるときに
お母さんの状態が良くなることで
赤ちゃんにもなんらかの
良い影響があるのではないかと
思われます。

妊娠、出産、育児、そして赤ちゃんの胎教のためにも
お母さんの体が、より良い状態であることが望ましいと言えます。

逆子、安産には、こんな治療をしています

当院では数本のはりをして
電子チャージャーという
特殊な電気をかけながら
お腹や足にお灸をしていきます。

途中で赤ちゃんが気持ちが良いのか
動きだすことがよくあります。

お灸をして逆子を治すのではなく
お母さんの体の状態を
良くしていくことで
逆子も自然と治っていきます。

逆子でお困りでしたら
当院へご相談下さい。

逆子で来院された患者様の声

当院で治療を受けられた方の声を
紹介します。

k様
<主婦>

「次の日の健診で逆子がなおっていました!」
(逆子で来院されました)

臨月間近、妊娠35週の健診で逆子と診断され、37週までになおらなければ帝王切開での出産になると言われました。焦って色々調べたところ、ここまでの週数になると逆子が戻る可能性は低いとのこと。しかし出来るだけのことはやろうと思い、たまたまホームページで見つけたふじかけ鍼灸院さんに伺うことにしました。鍼灸が初めてだった私は、痛いんだろうな~と覚悟して行きましたが全く痛くなく、それどころか身体がポカポカ温まってリラックスでき、お腹の中で赤ちゃんが動くのが分かりました。院長さんもとても知識が豊富な方で、自宅でのお灸の仕方や、それ以外にも妊婦には冷えは良くないことや、母として穏やかな気持ちで過ごすことの大切さを教えて頂きました。そして驚いたことに、2日連続でこちらに通って、その次の日の健診で逆子がなおっていました!半ば諦めていたので、本当にこちらに通って良かったと思いました。逆子をなおすだけではなく、冷えや便秘、むくみなど様々なトラブルを改善するきっかけにもなりました。これからもお灸は続けていきたいと思います。ありがとうございました!!!

H様
<主婦>

「お灸をすると赤ちゃんがお腹の中でよく動きます。」
(逆子で来院されました)

逆子を直す為、妊娠30週から通い始めました。鍼灸院は初めてで不安でしたが、全く痛くありませんでした。 始めは週1で通っていましたがなかなか直らないので、週2に増やしたところ34週の検診で逆子が直っていました。お灸をすると赤ちゃんがお腹の中でよく動きます。ずっと逆子が直らず半分諦めていたので直って良かったです。

などたくさんの声を頂いております。
治療院選びの参考になれば幸いです。

逆子、安産、お子様の胎教など
妊娠中のお悩みがあれば

ふじかけ鍼灸院にご相談下さい。

お気軽にご相談下さい

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ