自律神経失調症

自律神経失調症

 自律神経失調症でお困りの方へ

近年、ストレスの増加などで
自立神経失調症の方が増えてきました。

自立神経失調症

症状は、肩こりや不眠などの体の症状から
やる気が出ない、不安、イライラ、落ち込みなど
精神的な症状まで多岐にわたります。

内科や、整形外科で検査を受けても
異常がなく、心療内科などに回され
お薬を飲んでいるけれどなかなか...。
この様な方が当院にも来院されます。

原因もわからず、不快な症状を抱えたまま
日常生活を送るのは、不安ですし
とてもつらいものですよね。

このページでは
自律神経失調症でお困りの方のお役にたてるよう
当院の考え方や、治療法を
書きましたので参考にして下さい。

 

この様な症状でお困りではありませんか?

精神的症状

仕事や家事ができない
学校へ行けない
やる気が出ない
憂うつ
不安感
イライラ
気分が落ち込む
何にも興味が持てない

身体的症状

病院で検査をしても原因がわからない
不眠
倦怠感
疲労が抜けない
肩こり
頭痛
シビレ
動悸息切れ
口や喉の違和感
便秘
下痢
冷えのぼせ
多汗
頻尿
残尿感

 この様な症状がいくつかあれば、お気軽にご相談下さい。

 

自律神経失調症とは?

自律神経には
日中に、活発な活動をするためなど
心身を興奮させる役割の交感神経
夜寝て、体を休める時など
心身をリラックスさせる役割の副交感神経があります。

自律神経バランス

この2つの神経が
アクセルとブレーキの役割をしながら
活発に動いたり、リラックスしたりと
心身を自動的に調整ています。

ところが、精神的や肉体的なストレスや
生活習慣、環境の変化、ホルモン
性格など、何らかの原因により
この自動調整ができなくなります。

この時、心身に様々な症状が
あらわれる状態を自律神経失調症と言います。

症状があるのに、内科や整形外科で
検査をしても、「異常ありません。」と言われ
心療内科へ紹介されるケースも少なくありません。

お薬を飲んでもあまり改善が見られない
という方も多くおられます。

 

自律神経失調症にはこんな治療しています。

当院では、自律神経失調症を
交感神経の働きが強すこぎる状態と考ています。

交感神経が過度に緊張していると
全身的に筋肉の緊張
血行不良、内臓の働きの低下
精神的な興奮状態などが
継続している状態ですので

肩こりや、腰痛などにとどまらず
疲労が抜けない、不眠

イライラ、不安、憂鬱など
様々な症状がでてきます。

これらは、病院で血液検査や
レントゲンを撮っても、なかなか
原因を見つけることが出来ませんし
症状に対して適切な処置方法がなく
困って来院される方もみえます。

当院では、鍼灸治療の1つの流派である
良導絡を取り入れた治療をしております。

手足の電気抵抗を計測し
あなたの自律神経の働きを
グラフで客観的に見ることが出来ます。

良導絡の優れている点は
客観的なグラフをもとに
交感神経の異常興奮を
抑えるための治療をすることが出来ることです。

 当院で行う鍼灸や、カイロプラクティックに
自律神経の調節が得意分野である
良導絡を取り入れた治療をすることで
あなたの症状に、お薬とは別の角度から
アプローチすることで

あなたがお困りの症状の改善を目指します。

お気軽にご相談下さい。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ