脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で困りの方へ

当院には脊柱管狭窄症で腰の痛みや、足のしびれ、
少し歩くと歩けなくなるなど
ヘルニアに似た重い症状の方が来院されます。

初めは、痛みや、しびれ、歩けないなど
みなさん辛い症状でお困りです。
あなたも同じような症状でお悩みですか?

我慢しなで、当院の治療を体験してみて下さい。

脊椎の変形がありますので
1~2回の治療で簡単に改善
というわけにはいきませんが
治療を継続していくうちに
症状の解消、または軽減を目指し
治療をおこないます。

このページでは脊柱管狭窄症で来院された場合
当院ではどのような治療をするか書きました。

どうぞ参考にして下さい。

 

こんな症状でお困りではありませんか?

・腰の痛み
・お尻の痛み
・少し歩くと痛みやしびれで、歩けなくなってしまい
 前かがみで休むと、また歩ける
・片足または、両足のしびれ、痛み
・足先が持ち上がらないなど力が入らない
・歩行時におしっこがしたくなる
・会陰部に灼熱感がある

この様な症状でお困りの患者様が
多く来院されます。

 

脊柱管狭窄症にはこんな治療をしています

脊柱管狭窄症は、症状が出る何年も前から
腰痛持ちであった方が非常に多く
そのような状態の蓄積の結果
骨や、軟骨、靭帯が変形し
痛みや、しびれ、間欠性跛行が出てきたものと考えられます。

症状が出るまでには
かなりの経過があるので
簡単に治るものではありません。
症状も強い症状があらわれますので
治療もある程度時間が必要です。

すぐになんとかなるものではなく
じっくりと、ご自身の体と向き合ってみて下さい。

当院ではまず
ヘルニアと同様
病院でレントゲンやMRIなどの
精密検査をしていなければ
して頂くようお勧めしております。

これはどのような状態かを
把握しておくことが必要ですし
異常があれば原因を
知っておかなければいけません。

情報を頂くことは
治療していくポイントを知る上でも
重要になります。
また、あなた自身が状態を知ることで
「しっかり治療しないかん。」という
治療に対しての、ある意味
覚悟ができることも、 重要な要素となるからです。

その後、原因となっている
腰や、お尻だけでなく
首肩や、背中、足まで
全身に溜まっている 筋肉のこりや
骨格の歪みの改善を目的に
鍼灸( はり.きゅう)治療と
カイロプラクティックしていきます。

骨などに変形があっても
筋肉のこりや、血行を改善することで
痛みや、しびれ、間欠性跛行などの
症状改善を目指し治療をおこないます。

手術が必要と病院で言われている方
手術をしたけれど症状が残っているという方でも
脊柱管狭窄症でお困りでしたら是非、当院へご相談下さい。

 

脊柱管狭窄症で来院された患者様の声

当院での治療を受けられた方の声を紹介します。

H様
<会社員>

「治療したあと体が軽くなり動きがよくなります。」
(脊柱管狭窄症で来院されました)

狭窄症と言われ、通い続けて一年症状はかなりよくなってきている。治療したあと体が軽くなり動きがよくなります。針治療は最初怖い気持ちがありましたが痛みもほとんどありませんでした。予約も取りやすくこちらのペースで治療できるのがありがたい。

(個人の感想であり、効果を保障するものではありません。)

O様
<会社員>

「歩けなかった私が 歩ける様にしてくれたのも先生です。」
(脊柱管狭窄症で来院されました)

先生が とっても親切で親身になって治療してくれます。 院内はアロマの香りで 治療と香りで癒され いつもついつい 爆睡しちゃいますね(笑) ちょっと疲れたかな???ここが痛いなぁ~と いう方は 一度 いってみると良いよ。歩けなかった私が 歩ける様にしてくれたのも先生です。

(個人の感想であり、効果を保障するものではありません。)

治療院選びの参考になれば幸いです。

 

お気軽にご相談下さい

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ