母の腰痛と、トルクリリース

インテグレーター

今朝、母親が
「腰が痛いから治療してくれ。」と言ってきました。
立っている様子から、結構調子が悪い感じです。

症状は、ベットから起きるとき痛い。
しゃがむ時など、普通の動作時の痛みがあり
腰をかがめないと痛い。
歩く時ドーンとする。
ふくらはぎから、かかとまで痛みがある。

トルクリリーステクニックという
カイロプラクティックで治療。

第2仙骨、第1頚椎、第5頚椎の順番に
サブラクセーション( 神経の流れが悪い場所)
を見つけアジャスト
ベットで5分ほど、休んでもらいました。

その後
起き上がってもらうと
立った時の感じが違うとのこと。
前屈や、左右にひねる動作などの痛みがなく
歩行時の痛みもなくなりました。

ふくらはぎの痛みはまだとれていないとのこと。

1時間後、もう1度確認したところ
足の痛みは変わらず 。
腰の方は治療前と比べて
痛みが3分の1程度になったということでした。

昼過ぎには、孫を庭でプールに入れ
プールの外で長いことしゃがんでいましたが
大丈夫な様子でした。

トルクリリースは、骨をボキボキならす
カイロプラクティックではありません。

検査で1番悪いサブラクセーションを特定し
インテグレーターという器具で橋正していくことで
骨の歪みを解消するのではなく
神経の流れが悪いに部分に直接働きかけ
体の生命力を回復していきます。

生命力が上がることで
肩こりや腰痛などの問題から
精神的な問題の解消も可能になります。

 

**********************

肩こり、腰痛、ヘルニアなどでお困りでしたら
可児市の、ふじかけ鍼灸院へご相談下さい。

 

**********************

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ