今、オリンピックで話題のカッピング

カッピングのあと

オリンピック見てますか?

日本、メダルラッシュですね。
日本人が活躍しているところを見ると
本当に誇らしく、勇気をもらえます。

さて、私がもう1つ嬉しく感じた話がありました。
リオオリンピックで密かに話題になっているのようで
トップ水泳選手のマイケル・フェルプス選手や
五輪水泳女子メダリストのナタリー・コーグリン選手
体操男子のアレクサンダー・ナドア選手などの体に
丸いあざがあった。

あのあざは何だ?という話です。

このあざの正体は何かというと
カッピングという代替療法をしたあとです。

カッピング

この様な容器をくっつけて
中の空気を少し吸い出すと、陰圧になり
皮膚や筋肉などが引っ張りあげられる状態になります。

引っ張る圧によっては、紫色の内出血の丸い跡がつきます。
丸い紫色をした後がいくつも付いているのは
一目見ると異様ですが、効果は目を見張るものがあります。

カッピング中

ですので、当院でもよく使います。
そして私自身、メンテナンスとしてしょっちゅう
カッピングをします。

とても体がスッキリしますし、五十肩や、ぎっくり腰
慢性的なしつこい痛みなどを解消するのにもよく効き
とても重宝しています。

患者さんの中にはこれをすると
「気持ちがよくて、よう寝れる。」
「スッキリするから、欲しい。」などと言われ
当院でお取り寄せすることもあります。

スイフクベとか、吸い玉と言われ昔からあった民間療法です。
世界中でも大昔からある療法で
牛の角から作った物もあったりと、色々な文献があるそうです。

でも、残念ながらなぜ効くのか解明されてないんですね。
だから、エビデンスがどうこう言う、プラシボ効果だの
感染症になるだの、早くやめるべきだの批判的な記事もありました…。

しかし、そんなに害があり、効果がないものは
長い年月の中で淘汰され、大昔から続きません。
また、そんな物をトップアスリートのトレーナーが使うでしょうか?

エビデンスがないのは苦しい反論になりますが
使い方を知った施術者が適正にやれば
感染症になることなどありませんし
決してプラシボではない効果があると実感しています。

まー色々な意見はありますが
日本人が活躍しているのと同様に、日々治療でこれを使う物としては
カッピングがメダリスト達のために活躍しているという話は
とても嬉しい話でした。

そしてもっと、一般的に普及していくと良いな~と思いました。

 

**********************************

カッピングを体験してみたいという方は
是非、

可児市の、ふじかけ鍼灸院へご連絡下さい。

 

**********************************

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ