董氏楊氏奇穴のはり治療を体験してもらいました。

董氏楊氏奇穴のはり治療

昨日鍼灸師仲間のH先生と
U先生が当院で採用している
董氏楊氏奇穴というはり治療を体験しに
わざわざ1時間前後の時間をかけて来てくれました。
遠い所からわざわざありがとうございました。

さて、そのハラハラドキドキ体験会記の前に
まず董氏楊氏奇穴とは何なのか?
簡単に説明しておきます。
董氏楊氏奇穴とは、はり治療の方法の一つです。

漢の時代から受け継がれた法則に従って
手や足のツボの中から症状に合ったものを選び
はりをします。

手や足にはりをするのに
肩こりや腰痛、ヘルニア、眩暈や不妊症などにも
幅広くしかも即効で効果をだすことができる治療法です。
私も最初そんな馬鹿な。
そんな都合のいいもん…と思っていました。
しかし

この治療法を知って、その効果の高さに驚きとともに
今までしてきた治療法はなんだったんだ??と
治療法をがらりと変えてしまいました。
今は董氏楊氏奇穴が、当院のメインの治療法です。
もうもとにはもどれません。

U先生も、H先生も慢性の腰痛や、
肩関節の痛みなどがあり手ごわそうでした。
鍼灸師の不養生ってやつですね。
せっかく来てもらって、どんな治療なんだろう?と
興味津々の二人を前にして
あんまり効果出なかったらどうしよう…
と内心不安と緊張がありましたが
董氏楊氏奇穴を信じて治療を開始しました。

原理原則にのっとって
手や足に1本1本はりをしながら
その都度痛みの程度を確認していきます。

2人とも最初の1~2本で痛みがかなり変わり
腰の治療は3本で完了。
ほぼ痛みなしに。

勉強会で良くある
場の雰囲気で効いた気がしたり、
講師の手前、効いたと言わざるおえないというのは
あらかじめ言っておいてなしにしてもらいました。

肩関節は3~4本で痛みがほぼなくなりました。

いずれも患部には、はりはしていません。

2人とも経験豊富なはり師ですが
びっくりしておられました。
っていうか、自分もびっくりでしたけどね(笑

技術職として、こういうモノに出くわすと
ワクワクせずにはいられない感覚を
みんなで共有した感じでした。

お二人とも学ぶ気満々で帰って頂き
面目躍如です。

H先生は帰ってすぐに患者さんの治療に使われ
そして結果が出たとのこと。
董氏楊氏奇穴は、原理原則がわかれば
誰がやっても、ある程度効果を出すことが出きる治療です。

色々なはりの治療法があり
手や足にはりをして治す流派もありますが
難解な上に、修得するまでに何年、何十年とかかることが多く
私も挫折したくちです。

しかし董氏楊氏奇穴は修得度で
治療レベルの違いはあれど
初学者でもある程度の治療ができます。

約20年鍼灸師をしてきましたが、董氏楊氏奇穴と出会ったおかげで
やっとはりの醍醐味を感じ、治療の楽しさを実感している今日この頃であります。

まだまだひよっこなので研鑽をつんで上達して
患者さんに喜んでもらえるようにしたいと思います。

また勉強会しようという事になり
ライングループを作りました。

その名も  「さんちゃーさん」
何のこっちゃ?とわかる人にしかわかりませんが
おもしろくなりそうです。

もし興味あがある鍼灸師の方、学生の方がみえましたら
当院で良ければ体験でもなんでもいいのでお気軽にご連絡下さい。
全国にも採用されている先生がおられますので
連絡を取ってみたらいかかでしょうか。

もっと早く出会いたかった!!!そして出会えてよかった!!!!!
私は、そう思った治療法です。

あ、もちろん、辛い症状でお困りの方。
あなたにも出会えてよかった!!!!!
と思って頂きたいはり治療です!
是非、董氏楊氏奇を体感してみて下さい。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ